ツイッターパーツ
t
<< 岡山体験活動研究会 | main | NHK中国地方放送番組審議員 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2015.10.16 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    岡山市男女共同参画専門委員会

    0
      今年から岡山市男女共同参画専門委員会に拝命されました。
      岡山市では
      女性が輝くまちづくり推進課と課の名前を変更しました。

      ーー
      男女共同参画とは?

      内閣府HP:http://www.gender.go.jp/
      →http://www.gender.go.jp/about_danjo/society/index.html
      男女共同参画社会とは、「男女が、社会の対等な構成員として、
      自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、
      もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、
      かつ、共に責任を担うべき社会」です。(男女共同参画社会基本法第2条)
      ーー

      <主な行政・企業の政策や一般アンケート>

      ターゲットは子どもがいる既婚女性
      主婦(既婚女性)が働く為に理由が必要なのか(http://s.news.mynavi.jp/news/2013/10/31/074/)
      1/3の女性が結婚後は働きたくない(http://s.news.mynavi.jp/news/2013/11/01/005/index.html)
      内閣府のすべての女性が輝く政策(http://www.gender.go.jp/policy/sokushin/pdf/hukyu.pdf)

      □ターゲット以外の独身女性
      離婚率(
      http://research.nttcoms.com/database/data/000554/)
      生涯未婚率(
      http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/mariage/12.html)


      政府や企業が女性活躍の制度を考えても、本人やパートナー次第?
      自分の妻には働いて欲しくない、自分の会社でならよい、
      生活費の足し程度ならよいと考えているパートナーが現状多いのではないか。
      また、パートナーがいない女性の位置づけ(今後増加すると推定される)は?


       


      スポンサーサイト

      0

        • 2015.10.16 Friday
        • -
        • 13:38
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728   
        << February 2018 >>
        ■ひとこと朝宣言


        ■Twitterはじめました

        Yumiko_Noshoをフォローしましょう
        ■facebookはじめました
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        recommend
        マライア・ザ・バラード
        マライア・ザ・バラード (JUGEMレビュー »)
        マライア・キャリー,ナズ,ジョー
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座